資金調達は融資だけじゃない!?

>

チェックしておきたい補助金や助成金

政府系の補助金や助成金

経産省の行っている補助金には「ものづくり補助金」があります。
革新的なサービスや商品の開発、試作品の開発などに対し準備された補助金です。
金額が最大1000万円と大きめなのも特徴です。
補助率も2/3と高い割合です。
また、生産性を上げるためITツールを導入することなどに対し用意されているのが「IT導入補助金」です。
最高450万円、補助率も1/2~3/4と高めです。
厚生労働省が行っている「キャリアアップ助成金」は、有期契約労働者や派遣労働者などの非正規スタッフのキャリアアップを促進するための助成金です。
様々なコースがありますが、契約社員を正社員に登用することで1名につき57万円が受給できるといったものがあります。
また、40歳以上の従業員を雇用した時に受けられる助成金が「中途採用等支援助成金」で、60歳以上の高齢者を雇用した場合最大200万円(補助率2/3)が受けられるというものもあります。

自治体の補助金や助成金

全国の自治体で行っている補助金や助成金は非常に様々です。
東京都が行っている「創業助成事業」は創業や企業を計画している人、あるいは創業から5年未満の人が応募でき、賃料や人件費、広告費といった目的に対し最大300万円(補助率2/3)が受けられるというものです。
大阪府の「大阪起業家グローイングアップ事業」は、府内で起業しようとする人に対し、事業展開に必要な経費を最大100万円(補助率1/2)を助成します。
他にも様々な補助金があるので、調べてみるとよいでしょう。
補助金や助成金には注意すべき点があります。
それは、申請して承認されたからと言ってすぐに入金されないということです。
結果に対して支払われるものであるためです。
多くは補助金申請が承認され、入金されるまでの間、その補助金を担保として金融機関から融資を受けるといったことが一般的です。


この記事をシェアする

トップへもどる