資金調達は融資だけじゃない!?

>

補助金と助成金の特長

補助金と助成金の違い

同じ(原則)返済不要のお金でも、補助金と助成金には、言葉が違うだけでなく、違いがあります。
受給できる難易度は助成金は要件さえ合えば受給できる可能性が高いという特徴があるのに対し、補助金は予算が決められているため、募集時期が短かったり、申請しても審査に通らず受給できないケースも多いようです。
また助成金は、雇用保険から捻出されているということから、従業員の賃金アップやスキルアップのために使う目的で拠出されている特性を持つことを理解しておきましょう。
補助金は事業の拡大や生産性の向上など、収益を増やすための起業の成長のために使われることを想定されているものが多く、事業計画書などが重視される傾向にあります。

起業家が活用すべき補助金や助成金

数多くある補助金や助成金の中も、大きく分けると4種類に分類できます。
まずは政府系の補助金や助成金です。
政府系のものでも、公募している省庁によって2つに分類できます。
一つ目は経済産業省が行うものです。
象徴の性質から、起業促進や地域の活性化、女系応援、中小企業や技術の更新を目的に掲げています。
二つ目は厚生労働省の助成金で、前にも述べたように、雇用の促進や労働者の能力向上、キャリアアップなどに利用される目的があります。
そして、自治体独自で行うものがあります。
行政区域内での産業振興などの目的で創業支援のための補助金や助成金の募集を行っています。
それ以外のもの、多くは大手企業や政府系金融機関、財団などが行う物です。


この記事をシェアする

トップへもどる